スリムな顔立ちを作り出す施術の安全性の高さ

話題の治療薬の基礎

注射器

ボトックスは多彩な効果を現す人気製薬剤

筋力トレーニングで体を鍛えた人は自分の意志で筋肉をピクピク動かせますが、これは任意の筋肉へ向け、動作に必要な信号を脳から送れるためです。厳密にはアセチルコリンを経由してその信号が筋肉へ渡り、筋繊維は脳のシグナルに従って動きます。ボディービルダーなどはこれを意図的に行える訳ですが、普通の人も筋肉を動かすプロセスは一緒です。そして、ボトックスは筋肉へ注射されると構成成分が分かれ、その1つがアセチルコリンの放出を食い止めるように働きます。例えるならアセチルコリンの出口が塞がれるため、脳からシグナルが発せられても、アセチルコリンが出ない状態です。この物質が放出されなければ筋繊維は動きようがなく、これがボトックス注射で得られる美容効果の基礎作用となっています。例えば表情ジワ対策の美容治療なら、この作用で表情筋の伸縮を止め、シワが寄るのを防ぐといった具合です。また、ボトックス注射は多汗症にも効果的なことは豆知識ですが、これはアセチルコリンが汗の分泌でもトリガーの役目を果たしているからです。そのため多汗症治療では筋肉は関係ないものの、発汗を抑止できるようになっています。

ある人にとってボトックスは小顔矯正に欠かせない薬であり、別の人には美脚治療に不可欠な薬であるなど、ボトックス注射は広範囲に渡って美容効果を発揮します。しかもその活用範囲は年々広がる傾向があり、現在では引き締め効果による毛穴治療や、オイリー肌の改善、それに肩コリ治療にも利用されているのです。さらに筋肉の緊張を和らげる特性から、脳梗塞による体の硬直など、後遺症の改善目的でも活用され始めています。このためボトックス注射は主に美容整形外科で受けられますが、その利用価値は美容目的に留まらない状態です。とはいえ、ボトックスは元々痙攣症状の保険治療など、元来健康目的で用いられてきた製薬剤でもあります。また、ボトックスは注射器を使うだけで済む治療ですから、皮膚を切りたくない人でも気軽に受けられるプチ整形です。そのうえボトックス注射の治療効果は恒久的ではなく、概ね半年もすれば施術前の状態へ戻ります。戻り道も残されていることから外科手術にはない安心感があり、初心者の利用者数も多い美容整形施術です。

Copyright© 2019 スリムな顔立ちを作り出す施術の安全性の高さ All Rights Reserved.